熟女一覧

風間 ゆみ 幽霊におかされる

15分 風間 ゆみ 私は栗とりすに指をいれ 雑誌の男性を妄想して オナニーにふけっていた そして いき 局部や乳をさらけだして 寝てしまった ふときがつくと 誰かにみられているような気がして 目をあけた しかし だれもいなかった また寝てしまい ふとまた目が覚めると 今度は 体が動かない そして 誰かが 足をさわってくる けれど だれもいない さわられる感触は 足首から ももに おなかに 乳に そして乳を揉み始めた

浅井 舞香 会社の男たちと やりまくり

19分 浅井 舞香 私は 会社の肉便器だ 誰もが私とやろうとする 今日は 社長に 首をいいわたしてきてくれと いわれた そこへいって 案の定S〇Xをした そして 彼は首を受け入れた 「どうだ」 「うまくいきました」 「もう一人いってきてくれ」 そういって社長は ブラインドをおろし 私とキスをむさぼった パンツをずりおりし おマ〇コのなかまで 手をいれてきた もう一人の首の人は どうなるのだろうか 

君島 みお エステ嬢が 足コキ 乳首攻め♡

15分 君島 みお  みおエステ嬢は 男の敏感なところを責めてくれるそうだ エステをうけてみると 早速乳首を責めてきた 乳首をつまんで ポイっとはじく うぅ たまんねぇ たったじゃないか みおエステ嬢をそれを見逃さない 「あそこもびんびんですね 脱いでもらっていいですか」 彼女は ぱんつを脱がせた 評判どおりじゃないか 彼女は 足コキをしてきた 白タイツで 「お客様 敏感なんですね」

安野 由美 義母のオナニーに耐え切れず…

15分 安野 由美 義母さんは 胸をはだけ パンティを脱いだ そして 手を おマ〇コのところへ やった はぁ はぁ 義母さんは 興奮してきている もう一方の手は 乳をまさぐっている 喘ぎ声もでかくなってきている 僕は 障子の向こう側で ち〇ぽをこすりはじめた 義母さんはいった 一週間後 僕が掃除をしていると 義母さんが わたしがやるから といって 僕にお尻をむけて ぞうきんがけをはじめた 僕は 耐え切れず 

浅井 舞香? 下宿のおばさんと3p

15分 浅井 舞香 下宿のおばさんと 僕と 友達とで飲んでいた 友達が僕の下宿に引っ越したいという おばさんがいるからだそうだ おばさんはぼくのだからな な、おばさん こいつ こうみえても こっちのほうすごいんだぜ すごいというんなら 私食べちゃうわよ おいおいそうくるかい 僕は叔母さんの胸をなでまわした おばさんは気持ちよくなったのか 友達のあそこをなでまわしている てつきがいやらしいですね 

翔田 千里 まるで自分がされてるかのよう 濃厚sex

16分 翔田 千里 おっぱい飲みたいでちゅか はい、じゃあ 飲ませてあげるね ポロリンコ 彼女は 乳首を 僕の口元にもってくる おっぱい おいしかったかな ちゅっ 彼女は ピンクのパンツをぬぎ おマ〇コを 僕の目の前に開いた おマ〇コまるみえだ その状態で オ〇ニーをはじめた してるうちに 彼女は興奮していってしまった 次に ぼくのち〇ぽで 遊び始めた ち〇ぽをはじいたり なめたり

円城 ひとみ インストラクターに教えてもらってるうちに…

15分 円城 ひとみ 私は男のインストラクターを家に招いて レッスンを受けている 彼が 私を背中から胸に手をまわして 「深呼吸してください」といってきた 彼は 下心がないのはわかるけど 感じてしまう 「先生、そこはちょっと お肉があるものですから」「大丈夫ですよ」彼には通じなかったようだしかし 今度はもろ 胸を触ってきた 「先生 わたし おばさんですよ」「ずっと素敵な方だと思ってました」えぇ どうしましょ

円城 ひとみ 女課長の性事情

15分 円城 ひとみ 課長を騎乗位で犯す 彼女は いく いくぅぅぅぅーと声を上げた 課長のおマ〇コにち〇ぽをいれたまま 正常位へ 彼女は 感じまくっている 彼女の巨乳や 腹の肉がたぽたぽ ゆれている 熟女好きには たまらない 高速ピストンで 彼女をいかせ 俺は 彼女の胸に ザー〇ンを発射 彼女の 肌が 赤く ほてっている 彼女は 俺のモノに目をやった 「まだビンビンね」 そして 俺のモノを口にくわえ始めた

翔田 千里 熟女が兄の息子を おとす

22分 翔田 千里 私は 兄に 母を亡くしてショックの甥をケアしてほしいと頼まれた 私は二つ返事で引き受けた それは 兄への復讐のため 甥は風呂にはいっている 私は その中に入っていった 「私 子供いなかったから あなたが子供みたいなの だから 一回一緒に入ってみたかったの」そんないいわけをしているうちに 甥のモノはでかくなっていた 甥は手で急いで隠した 「私の行為をみながら やってたんでしょ」「なんでしっているんですか!」

翔田千里 美熟女レズカップルがイチャイチャ★

10分 翔田千里 私は彼女にぴったりくっついて おなかをなでながら話しかける 話しているうちに彼女は私を受け入れたようだ 「いちゃいちゃしよっか」「うん」わたしは そっとやさしいキスをした 彼女もやさしくこたえてくる。いい手ごたえだ。私は 彼女の服をめくってみた めくったまま またはなしかける 少しすると 「脱いじゃおう」と服を脱いでみると 彼女も下着姿になった 下着のうえから そっとマッサージをする